MENU

TOP
商品
鶴岡の地元の企業が開発した、商品を販売。
体験ツアー
鶴岡ならではの体験ツアーを販売しています。
季節の特集
四季折々の鶴岡の魅力をお伝えします。
お知らせ
お問合せ

残りわずか

湯田川温泉限定 パーカー Mサイズ

¥6,000

数量

選択する

残りわずか

湯田川温泉限定 パーカー Lサイズ

¥6,000

数量

選択する

残りわずか

湯田川温泉限定 パーカー XXLサイズ

¥6,000

数量

選択する

湯田川温泉限定 パーカー

湯田川温泉の魅力がつまったパーカー
鶴岡の奥座敷「湯田川温泉」をテーマに、江戸時代から続く「湯田川神楽」・伝統食材「藤沢カブ」を女の子と共に描いたグラフィックパーカーです。そんな湯田川温泉の魅力のつまったパーカーを「かおるつるおか」で特別に販売いたします。
 

開湯1300年の歴史 湯田川温泉 
712年(約1300年前)、傷を負った一羽の白鷺がこの地に湧いていた湯で傷を癒したことに由来し、その昔「白鷺の湯」と呼ばれておりました。
また、古都鶴岡の奥座敷と呼ばれる湯田川温泉は、庄内三名湯のひとつに数えられ、古くから豊かな自然と人情味あふれる湯の里としても知られております。
 

江戸時代から続く湯田川神楽(女の子のイラストのバックに描かれている「ひょっとこ」)
徳川三代将軍家光公が治めた江戸時代から続く、囃子の軽快なリズムが心地よいユーモアな舞いです。登場する獅子舞いは悪魔祓いを意味します。獅子が豪快に舞い、その獅子が眠ると「ちょんべ(ひょっとこ)」が踊り出て悪ふざけをします。これは災いを意味するもので、それを獅子が退治することで、無病息災を願うというストーリーになっています。
 

湯田川地区伝統の食材 藤沢カブ(女の子のイラストの足元に描かれている「藤沢カブ」)
藤沢カブは、元々は温海地域の峠ノ山集落で育てられていた品種で、藤沢に種が運ばれ栽培を始めたところから始まります。かつては、「峠の山蕪(トゲノヤマ)」とか「峠カブ」と呼ばれていましたが、栽培している藤沢から『藤沢カブ』と名付け、その名前が定着して使われるようになりました。
焼畑農法で栽培されている長カブは、赤白のコントラストが美しく、地元では漬け物に使われるなどして親しまれています。上品な甘みと辛みにパリパリとした食感が特長です。
 

商品詳細
素材:綿100%
色:黒


サイズ
M サイズ
L サイズ
XXLサイズ


デザイン:イラストレーター 上原 ふみや (うえはら ふみや)氏
東京を拠点にグラフィック、イラスト製作の活動を行う。2020年より湯田川温泉観光協会公認アンバサダーを務め、2021年に湯田川温泉、2022年に東京高円寺にてイラスト展示会「湯田川温泉と女の子展」を実施。


湯田川温泉に関する観光情報
湯田川温泉観光協会
https://www.yutagawaonsen.com/yutagawa.html

残りわずか

湯田川温泉限定 パーカー Mサイズ

¥6,000

数量

選択する

残りわずか

湯田川温泉限定 パーカー Lサイズ

¥6,000

数量

選択する

残りわずか

湯田川温泉限定 パーカー XXLサイズ

¥6,000

数量

選択する